アートセラピールームの扉

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.モーガン ゲシュタルトワークショップの体験談2

<<   作成日時 : 2006/04/26 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

モーガン先生 ゲシュタルトワークショップ 第2日目の体験をお話します。
今日はアートセラピーから入るワークでした(^-^)v。
アートセラピーで自己のワークをして、ゲシュタルトワークをするというものでした。
まず、対話したい人をイメージして、絵を書きました。その絵を見て、感じたことをダンスで表現する(ムーブメント)。そこから感じたことを詩で表現しました。ムーブメントから詩を書くのは初めての体験でした。リズム感が無いので体を動かすのは抵抗はありましたが、ムーブメントは振りや形のない自由な体の動き、身体動作を表現することをしますので、自分が表現したいことを体を使って動くだけでいいのです。なので表現することが楽しかったですし、集中できてリラックスできたように思います。そして体で感じる事ができたと思います。詩も、最初に書いた絵から5つの感情を書き出していたものをキーワードにして書くというものでしたので、スラスラ言葉が湧いてきました。これは自分でも意外でした。
書きながら感情が溢れ出て来たんだと思います。
私の作品と詩を紹介します。対話したい人は”母”です。

画像


あなたは愛に満ち溢れている
悲しいと思っていたけれど、そんなことなかったかもしれない
暖かさとやすらぎと安心が私の廻りにいっぱいあるのに気づく
私はいっぱいの暖かさとやすらぎと安心をあなたからもらい
自分の中に取り入れて生きてきた
悲しくなんかない 怒りもない
このいっぱいの暖かさをやすらぎを安心を
これからの人生に感じながら 生きる

詩を書いている時は母の気持ちのつもりで書いていましたが
何回も読み返していると、私の母への気持ちだと気づきました。
絵も私が感じる母のイメージなんですから、そこから感じるのも
私の母への気持ちなんですよね。
この詩を母に捧げたいと思います。(まだ心の中で(^^ゞでもいつかは本人に)

モーガン先生のすごいところは、ワークの途中で参加者が恥ずかしい、どう表現すればいいのかわからない…などの理由で躊躇していると、自分が先に恥ずかしい事ではないんだよ、こうやればいいんだよと先にやって見せてくれるところです。そうしてくれる事によって助けられる方がたくさんいることを知ることができました。でも出来ない人はそれでもOKです。嫌なことを無理して表現する必要はありませんから。ただなぜ出来ないのか自分自身でわかっていることは大切な事だと思います。ゲシュタルトは自分自身の感情を大切にする事を一番に考えている療法なんです。
今回もたくさんの気づきを、自分のワークから、他の参加者のワークからもらうことが出来ました。
今回の参加者のみなさんに、モーガン先生に感謝です。
そしてこれからも、ワークショップに参加して、いろいろなことを勉強し感じていきたいなと思います。

まずは是非体験して欲しいと思います。自己の気付きと成長と自由の為に(^^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今一番興味があるのは、ムーブメント(もしくはダンス)のワークなんです。でも、急に踊れたりするかなあ(-_-;*) モーガン先生のように導いてくれる人がいたら安心してゆだねられそうですね。
そして、またイラストにハートがあるじゃないですか!この絵が原点なんですか?
ひろこさんが二日間でとても癒された感じを受けます。良い体験だったんですね〜(^-^)
きょうこりん
2006/04/26 21:46
すてきな体験談、ありがとうございます♪
私も同じ場にいたのに、ひろこさんの文章で気付くこともあり、こんな風にひろこさんの感じたことをみんなにシェアしてもらって感謝です。
アートセラピーとゲシュタルトセラピーの融合が実現して良かったですね。そして私にとって何より良かったのは、あの場所にいてモーガン先生はじめみんなの暖かさをもらったことだと思っています。それがセーフティ・ジェイルを飛び出して自由を手に入れる勇気につながってゆけばいいな (^^♪
YUKO
2006/04/26 23:26
セミナーお疲れ様でした!
僕は今回は元気溌剌だったのでワークはしてませんでしたが、去年モーガン先生のワークを受けたのです。
そのときは、言いたいことを言えずに溜めてしまう性格で、やはりアゴまわりが緊張していてほぐしたり、大声出す練習したり、みんなに囲まれて温かさをもらったりしていました(^o^)
自分の成長の具合も参加するごとに確認できて、とてもおもしろいので多くの人に受けてもらいたいものですね!
ふっちゃん
2006/04/28 00:25
きょうこりんさん
今度Only One Heratでムーブメントやってみましょうか〜(^^) 私も抵抗あったんですが、すぐに自分の心に集中できました。
ハートですね〜。ずっと母が心にあったのでしょうか?また、別の意味なのかもしれませんね。
YUKOさん
当日の通訳お疲れ様でした。たいへんだったでしょう〜ありがとうございます。
講座が終わってから、モーガン先生と楽しくお話されてるのを見て、少し英会話を勉強したくなりました。
セーフティ・ジェイルから出るのは簡単ではないけれど・・・。早く自由な自分になりたいですね(^^)
これからも一緒に勉強しましょう〜♪
ふっちゃんさん
今回はふっちゃんにモーガン先生ふれなかったですよね。その人の状態がわかるんですね。ふっちゃんもアゴだったんですね〜私とアゴ兄弟ですね(^^) 私も来年も参加して自分の成長具合確認できるといいな!
ひろこ
2006/04/29 19:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mr.モーガン ゲシュタルトワークショップの体験談2 アートセラピールームの扉/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる