表現アートセラピー入門

とっても良い本と出会いました(^-^)
画像

表現アートセラピーは、絵やコラージュ、粘土や造形といった(ビジュアル)アートやからだを使った表現、声や音楽、詩や散文、物語を書く、ドラマを演じるなど様々な表現を用いる統合的な芸術療法です(本文抜粋)。
この本は表現アートセラピーの魅力、理念、ワークショップを通じての体験談、感想文などが書かれていて、とてもわかりやすいと思います。私は読んでいて、ワークの内容や感想にわくわくし、あっという間に読んでしまいました。
私の広めたいアートセラピーはここでいうビジュアルアートと散文、物語を書くことをしています。理念、思想、セラピストの姿勢など同じです。体を使った表現は、リラックスやテーマを深めることに良いなと本を読んで感じました。なので機会があったら体験してみたいと思います。


表現アートセラピー入門―絵画・粘土・音楽・ドラマ・ダンスなどを通して

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック