「空」をテーマにしたアートセラピーでの私の作品です。
画像

この時は3人でテーマをそれぞれ考えて紙に書いてそれをシャッフルして誰の書いたものかわからないようにしてから選ぶということをしました。私が最初考えたものは「仕事」だったんですが、私の手元にきたテーマは「空」でした。このテーマが今の私に必要なんでしょう。
私は空を見るのが好きで歩いているときなど、ちょっとした時によく空を見上げます。
気分が晴れない時は青い五月晴れのような、雲ひとつない空を見ると、気分も晴れます。
私にとっての空…あるけど無いもの。見上げるといつもある。無いことは考えられないもの。
同じ空はない。みんなに平等に与えられているもの。
どんな空(天気)も必要でないものはない。空(空気)に包まれている
安心感、癒し…こんなところでしょうか。
3年前の誕生日に「ひろこさんのイメージが空だから」と空の絵のブックカバーをプレゼントしてもらった事を思い出しました(^-^)
その方は空にどんなイメージを持っていたのでしょうか。
この作品から気づいた事・・・絵を見て右から風が吹いて左に流れている感じがしました。雲は自分にとって必要な問題としたら、左に流れてなくなる。でも新たな問題が来るかもしれないが、それも私にとって必要なくなればまたなくなる。
問題は止どまっていないということですね(^-^)
自分に必要な問題が現れて、それを自分が受け止めた時に問題は解決するようです。受け止めた時に自分が成長するのだと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

YUKO
2006年06月08日 22:41
今日の空は残念ながらひろこさんの絵のように晴れやかではありませんでしたね。
私も空を見上げるのが好きです。広~いけど、みんなとつながってるって感じがします。
問題はそこから逃げている限りなくならない。自分が受け止めて初めて解決するんですね。問題や今苦しみと思っていることも、自分にとってはすべて必要なことなんですね~♪
ひろこ
2006年06月09日 20:18
YUKOさんも空見上げるの好きなんですね(^^)
なんか気持ちいいですよね。
苦しみも、悲しみも、ないにこしたことはないと思いますが、YUKOさんがおっしゃる通り逃げずに受け止めた時に解決できるのだと思います(^^) 




この記事へのトラックバック