宝塚マンガふぇすた2006(8/24~29)のご案内

この夏,阪急宝塚南口駅隣のショッピング街「サンビオラ」にて、『宝塚マンガふぇすた2006(8/24~29)』という空き店舗を使った宝塚現代美術展を開催するそうです。Only One Heartのメンバーの方が実行委員の1人として参加しているイベントです。会期中の8/26&27(土・日)午前中に,子供を交えたワークショップ「野外河原アートイベント」を予定していて、お手伝いに来てくださる方を探しています(子供たちと一緒に遊ぶ、と思ってもらう方が正しいかもしれません)。・・・ということで、私もお話を聞いていて楽しそうなので、お手伝いに行くことにしました。
大人だけでの参加もOKだそうです。
自然にふれあい、遊ぶ・・・・楽しそうですね(^^)
是非参加下さい。一緒に楽しみましょう~。

以下案内を載せていますので、ご覧下さい。

『宝塚マンガふぇすた2006』
8/24(木)~29(火)

〇展覧会
 ~第8回宝塚現代美術展・店「手塚治虫がおっ展Ⅱ」~テーマ「私とマンガ体験」
 8/24(木)~29(火) 於:阪急宝塚南口駅 サンビオラ3番館1F・2F 空き店舗

〇講演会
 第5回あーと寺子屋座談会「マンガとアート」
 8/26(土)19:00~21:30
 於:サンビオラ5番館2F 南口会館
 ゲスト:
  ひさうちみちお(マンガ家)
  村上知彦(マンガ評論家)
  元永定正(美術家、成安造形大教授)
  柳たかを(宝塚造形芸大教授)
 司会:坂上義太郎(伊丹市立美術館館長,学芸員)

〇ワークショップ
 野外河原アートイベント 8/26(土),27(日)午前中
 宝塚中心市街地,宝来橋下・武庫川中州にて,子どもたちを対象にした,石ころアート,石ならべアート,水辺での音遊びなどを体験します。川(自然)から街を見上げることをとおして自然と街の共存について考える,よい機会になればと願っています。

〇音楽会
 マンガをテーマにした器楽演奏
 田路幸博(ギター)&山本真依(クラリネット)

〇宝塚創作民話紙芝居・ストーリーテリング・朗読劇
 「宝塚文藝の会」の特別参加出し物

〇PRコーナー
 地域近郊の大学(芸大や大学美術学部等)によるPRブース

その他(予定)
〇似顔絵コーナー
〇フリーマーケット
〇アニメ上映会

 私たち市民アートボランティアグループ,TA*CO(宝塚アートコミュニケーションズ)は,2002年から,宝塚南口サンビオラ3番館における空き店舗を活用させていただき,「宝塚現代美術展・店」を継続して開催しています。商業店舗という異空間での展覧会ということもあって,興味を抱く参加アーティストの協力と近隣の商業店主さんたちの熱烈な応援のおかげで,このたび第8回を迎えることとなりました。
 第8回展を機会に,『宝塚マンガふぇすた2006』を開催いたします。宝塚は世界に誇れる漫画家手塚治虫が5~23歳まで過ごした街で,彼の作品にはいにしえの宝塚の姿がたくさん息づいています。昨年3月の第7回展では「手塚治虫がおっ展」と題し,参加アーティストが彼への思いを作品で表現しました。今回はさらに枠を広げ,時代を隔てて誰もが経験したであろう「私のマンガ体験」をテーマに,美術家のみならず地域の一般市民や子どもたちからもアート作品を公募します。またワークショップや演奏会,座談会等も含めたアートイベントを介し,人々が気軽に交流し,街の活性化に繋がることを願っています。
 アートというのは人の心を豊かにしてくれるものでなければなりません。また,発表の場も重要な意味を持ちます。アートがその場にあることで何かが変わる。アートが美術家だけの活動で終わるのではなく,地域市民や自治体,商業組合,教育機関,行政にも連携をお願いし,様々なことがタコ(TA*CO)の足のようにつながっていくことを望んでいます。

TA*CO(宝塚アートコミュニケーションズ)
 大野良平・仲清人・田路幸博
http://www.jttk.zaq.ne.jp/baatp100/(過去の展示会等を載せているHP)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ストーリーテリング、朗読

    Excerpt: ストーリーテリング、朗読での検索結果をマッシュアップ。一語から広がる言葉のポータルサイト。 Weblog: 一語で検索 racked: 2007-08-18 02:25